まずは酢とラー油をふた回し!油そばの食べ方

まずは酢とラー油をふた回し!油そばの食べ方

MARUMO Antenna ISHIGAKI Seiji
2022.09.09
まずは酢とラー油をふた回し!油そばの食べ方

東京発祥のご当地麺として知られる「油そば」。スープの代わりに特製のタレと油を麺に絡ませる、いわゆる「汁なし麺」で、今や全国のラーメン店のメニューで見かけるようになりました。
食べ方も独特で、マニアックなアレンジもあるとのこと。今回は「東京油組総本店」で油そばの食べ方の極意を聞いてきました!

【取材協力】東京油組総本店

まずは酢&ラー油を2周

まずは酢&ラー油を2周

油そばのルーツは、中国の「葱油拌麺」という料理で、それが東京で独自の進化を遂げたと考えられています。まずは「東京油組総本店」のド定番「油そば 並盛」をオーダー。太めの中華麺にチャーシュー、メンマ、ネギ、刻みのりが乗っています。このままでもおいしそうですが、食べる前に流儀があります。

カウンターを見ると2本の意味ありげなボトルが……

カウンターを見ると2本の意味ありげなボトルが……。左が酢、右がラー油です。その他、刻みたまねぎも無料でトッピングできます。さらに、入店後にオーダーすると左手前のすりニンニクも出してもらえます。こちらも無料です。

まずは、カウンターに置いてある酢とラー油をどんぶり2周するくらいかけます大盛なら3周、W盛りなら4周くらいかけて丁度いいとのこと

まずは、カウンターに置いてある酢とラー油をどんぶり2周するくらいかけます。これがデフォルトだそうです。大盛なら3周、W盛りなら4周くらいかけて丁度いいとのこと。

熱いうちにまぜまぜ

熱いうちにまぜまぜ

麺が熱々のうちにまぜていきましょう。麺の下にある醤油ダレと油が全体に行き渡るように。熱いうちにまぜるのがおいしさの秘訣だそうです。

まずはそのままひと口

まずはそのままひと口。醤油ダレのパンチをダイレクトに感じましょう。

刻みたまねぎをトッピング

刻みたまねぎをトッピングします

ひと口食べたら、早くもアレンジ。刻みたまねぎをトッピングします。たまねぎの辛みと油そばのコクの相性バツグン。コレ考えた人、天才です。ただし、たまねぎが苦手な人は、無理しなくてもOK。

お好みで追いラー油もおすすめですさらに、まぜまぜしていきましょう

刻みたまねぎをトッピングしたら、お好みで追いラー油もおすすめです。さらに、まぜまぜしていきましょう。

お好みでコショウやすりニンニクで味を調えていきます少しずつ食べ進みながら、自分好みに自由にアレンジしていきましょう

お好みでコショウやすりニンニクで味を調えていきます。少しずつ食べ進みながら、自分好みに自由にアレンジしていきましょう。

半熟たまご&チーズも絶品

常連さんおすすめのオーダー、「油そば並盛」+スペシャルトッピングA(ねぎゴマ+半熟たまご)

続いて、常連さんおすすめのオーダーを紹介しましょう。こちらが「油そば並盛」+スペシャルトッピングA(ねぎゴマ+半熟たまご)。半熟たまごは間違いないでしょう。

ここにさらにパルメザンチーズをトッピングします

ここにさらにパルメザンチーズをトッピングします。

通常の並盛とは、ずいぶん違った雰囲気です

う〜ん、ゴージャス。通常の並盛とは、ずいぶん違った雰囲気です。

半熟たまごを割ったら、躊躇なくすべてまぜていきます卵黄+チーズが醤油ダレを引き立てて、和風カルボナーラという感じです

半熟たまごを割ったら、躊躇なくすべてまぜていきます。卵黄+チーズが醤油ダレを引き立てて、和風カルボナーラという感じです。これは、初めてではなかなか気づかないオーダー術ですね。

つまみチャーシューの裏技

つまみチャーシューの裏技

さらにオーダーの裏技をもうひとつ。トッピングのチャーシューとは別に、つまみチャーシューという商品があります。これに加えて、焼のりをオーダーしましょう。

焼のりを手のひらの上に広げたらチャーシュー&すりニンニクをオン!

焼のりを手のひらの上に広げたら、チャーシュー&すりニンニクをオン!

飲んべえの皆さんは、ビールと一緒にどうぞ!

カンペキなおつまみのできあがりです。飲んべえの皆さんは、ビールと一緒にどうぞ!

さらに油そばも一緒に!

さらに油そばも一緒に! ここまで、わがままな食べ方ができるのも東京油組総本店ならではですね!

ぐいっと踏み込んだ油そばの食べ方、いかがでしたか?

ぐいっと踏み込んだ油そばの食べ方、いかがでしたか? 東京油組総本店の常連さんたちは、同店で油そばを食べることを「給油」というらしく、Twitterなどでさまざまなアレンジが紹介されています。ぜひそちらもチェックしてみてください!

※掲載情報は、2022年8月時点のものです。価格等は変更になる可能性があります。

【取材協力】東京油組総本店

Web |

東京を中心に国内、海外に計50店舗を展開する油そば専門店。こだわりの自家製麺と秘伝のタレが織りなすハーモニーは唯一無二のもの。多彩なトッピングも楽しめます。今回オーダーしたのは、油そば並盛(820円)、スペシャルトッピングA(180円)、パルメザンチーズ(50円)、焼のり(100円)、つまみチャーシュー(340円)。撮影協力は、「東京油組総本店 池袋組」。

tags:

share:

twitter
facebook
line
食べ方TOP 和食 まずは酢とラー油をふた回し!油そばの食べ方